言うほど親知らずの抜歯は痛くなかったです

PR|東成区の歯科医院情報を完全掲載根管治療の名医は東京都にいる文京区新大塚駅からすぐの歯科医院東京都の根管治療名医芦屋市の見えない矯正歯科医院小児矯正におすすめの神戸歯科医院情報東成区今里の人気の歯医者うえだ歯科医院千日前線今里駅から徒歩圏内の歯医者

親知らずというのは見たことがあるのですが右の奥の方でした。場合によっては切開して抜くということがあったりする親知らずですが私の場合は普通に麻酔をして引っこ抜くということになりました。痛みはあったのか、といえばほぼなかったです。麻酔をしてるわけですから基本的に痛みというのはその時にはありませんでした。ただしさすがに歯を抜くということになりますとペンチのようなものでガンガンと力を込めて抜いていくことになりますのでそういう意味では痛かったのですがそれだけでした。しかし、麻酔が抜けてしまうとやはり痛みが出てくることになりましたので痛み止めを飲んでいました。基本的に本当にそれだけであり、二日もしますと完全に痛みは消えましたし、それほどの違和感もなくなりました。親知らずを抜かなければならない理由というのは痛みが出てきたからということなので二つ出てきたわけですが一つは特に痛みがないのでまだ抜いてはいないです。今後、抜くかもしれないのですが実際問題としてそんなに怖いということはありませんでした。何しろ、麻酔がかかっていれば本当に痛みはそんなに感じなかったからです。麻酔が抜けた後はちょっと痛かったですが我慢できないレベルではなかったです。今年の夏ぐらいから、奥歯が急に痛み出して、かかりつけの歯科医に相談しました。診察結果は、親知らずの隣の奥歯がひどい虫歯になっているが、親知らずが邪魔をして治療する事が出来なく、親知らずを抜歯しなくてはいけないとの事でした。以前にも左側の親知らずを抜歯した経験がありますが、抜歯してから1週間程度は痛みがあり、なかなか勇気が出なかったです。ですが虫歯の状態はかなり悪く、年齢的な事を考えますと神経を抜く治療が必要になるとの診断結果でしたし、虫歯を含めた周辺の痛みはかなりありましたので、思い切って治療をしたい旨を伝えました。返ってきた返答が、神経を抜く根っこ治療は相当痛みを伴うので、大きな病院で治療した方が痛みも少なく安心との意外な内容です。紹介してもらったのは、日本でもトップクラスの大学病院でしたが、歯科治療を大きな病院で行なった経験がなく、しばらく迷っていましたが、あまりにも痛みが激しいので仕方なく紹介状を持って訪れました。予想どうり、親知らずの抜歯と神経をとる根っこ治療は別物で、それぞれの別々の紹介状が必要で、根っこ治療には数ヶ月待ちの状況だとの事です。仕方なく承諾して、まずは親知らずの抜歯をお願いして、1ヶ月後にやっと抜歯までたどり着けました。でもその間に痛みはどんどん激しくなり、とても辛い日々を過ご過ごし事となりました。抜歯治療は、さすがに大学病院ですと丁寧に痛みもなく行なってくれたのが唯一の救いです。親知らずが邪魔をして、隣の奥歯が虫歯などになるケースは多いので、改めて早い段階での親知らずの抜歯は必要だと実感しています。

PR|集患コンサルティング会社で実績No1神戸の集患コンサルティング会社に

クリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ